So-net無料ブログ作成
検索選択

60年代US盤レーベル その1 [60年代US盤レーベル]

今回はブリティッシュ・ビート絡みのUS盤を発売していたレーベルについて取り上げたいと思います。
EMI、DECCA、PHILIPS、PYEの4大レーベルが中心の英国とは違い、国土も市場規模も大きいアメリカには星の数ほどのレコード会社がありましたが、まずはメジャーどころからです。

説明不要の”RAINBOW CAPITOL”です。
P5040201.JPG
ご存知のようにBEATLESやPETER & GORDONのUS盤はCAPITOLから発売されていました。
CAPITOLについてはBEATLES関連のサイトの方が詳しいと思うので、これ以上触れません。

TOWERもCAPITOL系だったと思います。
P5040233.JPG

続いて、ブリティッシュ・ビート系ではお馴染みのLONDONレーベルです。
LONDONは英DECCAの系列会社なので、基本的に英DECCA所属アーティストのUS盤はここから発売されていました。

まずはモノラル盤です。
60年代中頃の”OPEN LONDON"です。
P5040211.JPG
60年代中期以降の”BOXED LONDON”です。
P5040213.JPG
英国からの輸入盤。
P5040212.JPG
ステレオ盤のBOXED LONDONです。
P5040214.JPG
英DECCAと同様、モノラル盤は赤、ステレオ盤は青色のラベルになっています。
LONDONはラベルのバリエーションが無数にあるので、私には理解不能です(苦笑)

PARROTもLONDON系のレーベルです。
P5040217.JPG
モノラル盤とステレオ盤のデザインに大きな違いはありません。
P5040218.JPG

PRESSもLONODNが配給先でした。
P5040235.JPG

紛らわしいですが、米DECCAは別系列の会社です。
P5040222.JPG
確か米MCA系列の会社だったと思います。

最後にCBS系のレーベルです。

BOB DYLANやBYRDSでお馴染みの米COLUMBIAです。
メジャーなレーベルではありますが、ここから発売されたブリティッシュ・ビート系のUS盤はあまり多くないように思います。
P5040230.JPG

P5040234.JPG
こちらも紛らわしいですが、EMI傘下の英COLUMBIAとは関係ありません。
というか、こちらが本家ですね。

そして、同じくCBS系のEPIC。
ここからは我らがDAVE CLARK FIVE、YARDBIRDS、次に取り上げる予定のDONOVANなどのUS盤が発売されていました。
ブリティッシュ・ビート関連ではLONDONと同じくらい馴染み深いレーベルだと思います。
P5040207.JPG
60年代は黄色のラベルです。
P5040208.JPG
70年代以降はオレンジ色のラベルになります。

DATEもCBS系だったと思います。
P5040232.JPG

次回もブリティッシュ・ビート関連のUS盤レーベル特集です!


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 1

poposuke

Speakeasyさん おはようございます

nice!ありがとうございます!

by poposuke (2016-05-14 08:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。