So-net無料ブログ作成
検索選択

BEATLES "REVOLVER" その2 [BEATLES]

去年追加購入した『REVOLVER』のUKオリジナル・モノラル盤です。
P1010013.JPG
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
P1010014.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されております。

ジャケット製作はGarrod & Lofthouse社です。
P1010015.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P1010016.JPG
下部に"PATENTS APPLIED FOR"と"MADE IN GREAT BRITAIN"表記があります。
この時期だとこれがオリジナルです。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
P1010017.JPG

P1010018.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-2、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/RG、SIDE2が3/RHになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

一応、これは1stプレス盤です。
値段はかなり安かったですけど、状態は良好な方だと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES "LIVE! AT THE STAR-CLUB IN HUMBURG, GERMANY; 1962" [BEATLES]

ブリティッシュ・ビートのUK&US盤の紹介という、このブログの主旨からは少し外れるのですが、BEATLESの番外編ということで・・・

『LIVE! AT THE STAR-CLUB IN HUMBURG, GERMANY; 1962』です。
dc022001.JPG
これはドイツ盤です。

このアルバムは2枚組なので、ジャケットは見開きになっています。
dc021228.JPG

裏ジャケです。
dc021229.JPG
表裏ともにラミネート・コーティングが施されています。

付属していたインナー・スリーブです。
dc021230.JPG
これがオリジナルの物かどうかは不明です。

レーベルは独BELLAPHONです。
dc021231.JPG

dc021232.JPG

dc021233.JPG

dc021234.JPG

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES "THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL" [BEATLES]

BEATLESの正規盤はこれでおしまいです。

『THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL』です。
dc021220.JPG
これも他と同様、UK盤です。
以前、メインのブログでも触れましたけど、このライヴ・アルバムには個人的に強い想い入れがあります。

ジャケットは見開きになっています。
dc021221.JPG

裏ジャケです。
dc021222.JPG
表裏ともにラミネート・コーティングは施されておりません。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
dc021223.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc021224.JPG
BEATLES専用の広告インナー・スリーブです。

レーベルは独自のデザインになっています。
dc021225.JPG
リムの表記は”EMI RECORDS ~”から始まっています。
dc021226.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-7、SIDE2が-7です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/G、SIDE2が1/GDRになっています。

このアルバムの詳しいことはよく分かりません・・・

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES "HEY JUDE" [BEATLES]

つい最近まで未所有だったアルバムです。

BEATLESのUSアルバム、『HEY JUDE』です。
dc021215.JPG
いつものように(?)これもUK盤です。

裏ジャケです。
dc021216.JPG
表裏ともにラミネート・コーティングが施されています。
ジャケット製作会社のクレジットはありません。

付属していたインナー・スリーブです。
dc021217.JPG
70年代後半に使用されていたインナー・スリーブです。

レーベルは2EMIのSILVER PARLOPHONEです。
dc021218.JPG
B面にもA面のラベルが貼られています。
非常に迷惑な間違いです(苦笑)
dc021219.JPG
リムの表記は”EMI RECORDS ~”から始まっています。
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/?、SIDE2が1/Aになっています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES "MAGICAL MYSTERY TOUR” [BEATLES]

私はBEATLESのUSオリジナル盤を一枚も持っておりません。
理由は数年前に出た『THE CAPITOL ALBUMS』のBOXセットで、BEATLESのUSアルバムについては満足してしまったからです。
レコードは一枚でも買ってしまうと、最終的には全部揃えたくなってしまうので(苦笑)、あえて買わないようにしています。

しかし、『THE CAPITOL ALBUMS』に入っていないUSアルバムは例外です。
それらはレコードを所有しておりますが、なぜかUS盤ではなく、全てUK盤です。

今回はそんなUK盤、『MAGICAL MYSTERY TOUR』です。
dc021208.JPG

裏ジャケです。
dc021211.JPG
表裏共にラミネート・コーティングは施されておりません。
バーコードはありません。

ジャケットは見開きになっています。
dc021209.JPG
ブックレットも外れずに付いています。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
dc021210.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc021212.JPG
70年代後半に使用されていたインナー・スリーブです。

レーベルは2EMIのSILVER PARLOPHONEです。
dc021213.JPG
リムの表記は”ALL RIGHTS OF ~”から始まっています。
dc021214.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が4/A、SIDE2が1/GGになっています。
この盤は少し後のプレスになるのかな?

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES "LET IT BE" [BEATLES]

BEATLESのUKオリジナル盤はこれが最後になります。

『LET IT BE』です。
dc021202.JPG

裏ジャケです。
dc021203.JPG
表裏両面がラミネート・コーティングされております。
それにしても写真がボケボケですね・・・

ジャケット製作はGarrod & Lofthouse社です。
dc021204.JPG
リンゴの色は赤になっています。

付属していたインナー・スリーブです。
dc021205.JPG
下部に"PATENT Nos 1,125,555"と"MADE IN GREAT BRITAIN"の表記があるタイプです。

レーベルは”DARK GREEN APPLE”です。
dc021206.JPG

dc021207.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-2U、SIDE2が-2Uです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/LT、SIDE2が2/HHになっています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES "ABBEY ROAD" [BEATLES]

BEATLESのアルバムも大詰めです。

今回は『ABBEY ROAD』です。
dc021101.JPG
BEATLESで最も人気の高いジャケットはやっぱりコレでしょうか?
どうしても”オリジナル”で欲しくなってしまうジャケットです。

裏ジャケです。
dc021102.JPG
表裏両面がラミネート・コーティングされております。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
dc021103.JPG
リンゴは通常の位置になっています。
「HER MAJESTY}の表記はありません。

付属していたインナー・スリーブです。
dc021104.JPG
下部に"PATENT Nos 1,125,555"と"MADE IN GREAT BRITAIN"の表記があるタイプです。

レーベルは”DARK GREEN APPLE”です。
dc021105.JPG
こちらも「HER MAJESTY」の表記はありません。
dc021106.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-2、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が9/OOL、SIDE2が7/MGMになっています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES "YELLOW SUBMARINE" [BEATLES]

私にとってのはじめてのレコードは『BEATLES FOR SALE』でした。

そして、2枚目のレコードが『YELLOW SUBMARINE』です。
1枚目がややマイナーな『FOR SALE』で、2枚目がBEATLESの不人気アルバムNo.1(!?)『YELLOW SUBMARINE』・・・・・、最初に買うにはちょっとどうかな~という組み合わせですね(苦笑)
でも、この2枚は私にとって今でも特別なアルバムです。

もちろん、その時購入したのは国内盤です。

それから20年近く経って入手したのが、このUKオリジナルのステレオ盤です。
dc020541.JPG
ジャケット表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
dc020542.JPG
フリップ・バックがある初期仕様のジャケットです。
2本の赤いラインも初期仕様の特徴です。
ジャケット製作会社のクレジットはありません。
貴重な初期仕様のジャケですが、フリップ・バックの部分にハガレがあるのがちょっと残念です。
あとの部分はキレイなんですけどね・・・

付属していたインナー・スリーブです。
dc020543.JPG
『ホワイト・アルバム』と同じ黒のプレーン・タイプです。

レーベルは”DARK GREEN APPLE”です。
dc020544.JPG
”Sold In U.K. subject to resale price conditions,see price lists”表記があります。
dc020545.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/H、SIDE2が1/Lになっています。
タックス・コードはありません。

続いて、UK再発ステレオ盤です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES "THE BEATLES" [BEATLES]

今回は『ホワイト・アルバム』です。

このアルバムはUKオリジナルのモノラル盤を所有しておりません。
理由は値段が高すぎるからです(苦笑)

というわけで、UKオリジナルのステレオ盤です。
dc020527.JPG
これはBEATLESの中で最も聴かないアルバムです。
理由はレコードを取り出すのが大変だからです(苦笑)
もちろん中身の方は大好きです!
BEATLESのUKオリジナル盤の中ではコレを入手した時が一番嬉しかったですね!

エンボス加工されたタイトルは、まだくっきり浮き出ております。
dc020540.JPG

シリアル番号は”220019”です。
dc020528(修整1).JPG

裏ジャケです。
dc020530.JPG

このジャケットは2枚組なので見開きになっています。
dc020529.JPG
折り返しは両サイドにあります。
ラミネート・コーティングは表裏だけではなく、見開き部にも施されております。

レコードの取り出し口は上部にあります。
dc020535.JPG
所謂、トップ・オープンのジャケットです。

オマケのインサートも付いています。
dc020531.JPG

dc020532.JPG

dc020533.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc020534.JPG
オリジナルのブラック・インナー・スリーブです。

レーベルは”DARK GREEN APPLE”です。
dc020536.JPG
”An E.M.I Recording”表記のある通常盤です。
dc020537.JPG

dc020538.JPG

dc020539.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-2、SIDE3が-1、SIDE4が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が4/HH、SIDE2が1/GOT、SIDE3が3/TO、SIDE4が6/ALになっています。
タックス・コードはありません。


続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BEATLES "SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND" [BEATLES]

今回は『SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND』です。

これはUKオリジナルのモノラル盤ですが、初めて手にした時はとても嬉しかったですね。
やはり、このアルバムはCDよりもレコードで、特にUKオリジナル盤で持っていたい一枚です。
dc020513.JPG
このジャケットは表・裏共にラミネート・コーティングが施されております。
dc020514.JPG

見開き部分もラミネート・コーティングされています。
dc020522.JPG
ジャケットを開くとパリッといい音がします(笑)
これはコーティング・ジャケットでなければ味わえない感覚です。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouseです。
dc020517.JPG

オマケのインサートです。
dc020515.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc020516.JPG
お馴染みの紅白サイケ・インナーです。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc020518.JPG

dc020519.JPG
マトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が2/GAD、SIDE2が2/GRMになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

続いて、再発ステレオ盤です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。