So-net無料ブログ作成
検索選択

HOLLIES "HOLLIES SING DYLAN" その2 [HOLLIES]

かなり前から処分しようと思っていた『HOLLIES SING DYLAN』のモノラル盤です。
P1030201.JPG
ジャケットが多少ヨレた状態ですが、盤の状態は悪くないので処分するのを止めました。

裏ジャケです。
P1030202.JPG
ラミネート・コーティングは表裏両面に施されております。

ジャケット製作会社はMacNeill Pressです。
P1030203.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P1030204.JPG
エンジ色のEMI広告インナー・スリーブです。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
P1030205.JPG
ステレオ盤の記事で”モノラル盤は手放してしまいました”と書いていましたが、実際にはまだ処分しておりませんでした(苦笑)
P1030206.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1G、SIDE2が-1Gです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が2/RR、SIDE2が1/Aになっています。
タックス・コードはありません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HOLLIES "CONFESSIONS OF THE MIND" [HOLLIES]

最近入手したHOLLIESの『CONFESSIONS OF THE MIND』です。
P2220001.JPG
ジャケットにはラミネート・コーティングが施されておりません。
このアルバムが発売された時期(70年前後)のEMI系は、この手のテクスチャー・ジャケットが多いです。
このジャケットは見た目の雰囲気は良くても、擦れて傷みやすいのが難点です。

裏ジャケです。
P2220002.JPG
折り返しはありません。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
P2220004.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P2220005.JPG
エンジ色のEMI広告インナー・スリーブです。
『LET IT BE』が載っています。

本来なら入っているはずのインサートは付属しておりませんでした・・・

レーベルは1EMIのSILVER PARLOPHONEです。
P2220006.JPG
この時期のアルバムはステレオ盤しか発売されておりません。
P2220007.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-2です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/A、SIDE2が1/GGになっています。
タックス・コードはありません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HOLLIES "HOLLIES SING HOLLIES" [HOLLIES]

HOLLIESのUKオリジナル盤はこれで最後です。

『HOLLIES SING HOLLIES』です。
P1060035.JPG

ジャケットは見開きになっています。
P1060036.JPG

裏ジャケです。
P1060037.JPG
表にも裏にもラミネート・コーティングは施されておりません。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
P1060039.JPG
ちょっと見づらいですね。

付属していたインナー・スリーブです。
P1060040.JPG
エンジ色のEMI広告インナー・スリーブです。
『LET IT BE』が載っています。

レーベルはこの時期になっても”YELLOW PARLOPHONE”です。
P1060041.JPG
YELLOW PARLOPHONEよりもBLACK&SILVERの1EMIレーベルの方が数は多いかもしれません。
P1060042.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/GO、SIDE2が1/GGになっています。
タックス・コードはありません。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HOLLIES "HOLLIES SING DYLAN" [HOLLIES]

内容が素晴らしいのに全然人気が無い(?)『HOLLIES SING DYLAN』です。
P1060029.JPG
DYLANのカヴァー曲だけという選曲も不人気の一因なのでしょうが、このアルバムの制作がきっかけでGRAHAM NASHがグループを離脱してしまったのも大きいのでしょうね。
でも、個人的にはHOLLIESのアルバムの中でも確実に上位に入る出来だと思います。

裏ジャケです。
P1060030.JPG
ラミネート・コーティングは表裏両面に施されております。

ジャケット製作会社はMacNeill Pressです。
P1060031.JPG
EMI系では珍しい製作会社です。

付属していたインナー・スリーブです。
P1060032.JPG
エンジ色のEMI広告インナー・スリーブです。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
P1060033.JPG
これもステレオ盤です。モノラル盤も所有しておりましたが手放してしまいました。
P1060034.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1G、SIDE2が-1Gです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/GM、SIDE2が1/GPになっています。
タックス・コードは”KT"刻印です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HOLLIES "HOLLIES' GREATEST" [HOLLIES]

HOLLIES初のベスト盤ですが、これもよく見ると変なデザインのジャケットです。
P1060023.JPG
表にはラミネート・コーティングが施されています。

裏ジャケです。
P1060024.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されております。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
P1060025.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P1060026.JPG
エンジ色のEMI広告インナー・スリーブです。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
P1060027.JPG
これもステレオ盤です。
P1060028.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/GR、SIDE2が1/Mになっています。
タックス・コードはありません。

これ以降のHOLLIESのUKオリジナル盤は市場価格が安くなります。
特にGRAHAM NASH脱退後のアルバムはかなり値崩れしています。
中古市場に数多く出回っているのもあるのでしょうが、やっぱり人気が無いのでしょうね・・・

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HOLLIES "BUTTERFLY" [HOLLIES]

HOLLIESの最高傑作とも評される本作ですが、ジャケットが気色悪いです(苦笑)
P1060017.JPG
蝶というよりも蛾に見えます。

裏ジャケです。
P1060018.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されております。
表にはラミネート・コーティングが施されています。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
P1060019.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P1060020.JPG
EMIの広告インナー・スリーブで、『FOR CRETAIN BECAUSE』が載っています。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
P1060021.JPG
これまたステレオ盤です。
P1060022.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-2です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/P、SIDE2が1/Aになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HOLLIES "EVOLUTION" [HOLLIES]

HOLLIESサイケ期のアルバムです。
P1060011.JPG
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。
それにしても思いっきりサイケなジャケットです(笑)

裏ジャケもどサイケです。
P1060012.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されております。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
P1060013.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P1060014.JPG
EMIの広告インナー・スリーブで、『FOR CRETAIN BECAUSE』が載っています。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
P1060015.JPG
これもステレオ盤です。
P1060016.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/T、SIDE2が1/Lになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HOLLIES "THE HOLLIES" [HOLLIES]

HOLLIESの輸出仕様アルバムです。
P1060005.JPG
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。
この独自の選曲の輸出仕様アルバムは、主にヨーロッパ諸国向けに流通していました。

裏ジャケです。
P1060006.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されております。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
P1060007.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P1060008.JPG
下部に"PATENTS APPLIED FOR"と"MADE IN GREAT BRITAIN"表記があります。

EMIの輸出仕様盤はREGALレーベルです。
P1060009.JPG
これもそうですが、輸出仕様盤はステレオが多いです。
P1060010.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が2/GA、SIDE2が1/GTになっています。
タックス・コードはありません。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HOLLIES "FOR CERTAIN BECAUSE" [HOLLIES]

ジャケットのセンスがイマイチな(?)HOLLIESですが、このアルバムのジャケットはかなりいい感じです。
25.JPG
ジャケットのデザインだけではなく、内容的にも非常に良いアルバムです!

ジャケットは見開きになっています。
26.JPG
右側の上下が折り返されております。
BEATLESの『FOR SALE』などと同じようにレコードを内側から出し入れするタイプです。

裏ジャケです。
27.JPG
ジャケットの表裏にはラミネート・コーティングが施されています。
ジャケット製作会社のクレジットはありません。

付属していたインナー・スリーブです。
28.JPG
下部に"PATENTS APPLIED FOR"と"MADE IN GREAT BRITAIN"表記があります。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
29.JPG
ちょっとだけレアなステレオ盤です。
30.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1G、SIDE2が-1Gです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/A、SIDE2が1/Aになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

HOLLIES "WOULD YOU BELIEVE?" [HOLLIES]

微妙に似てないイラストが印象的な(?)HOLLIESの4作目『WOULD YOU BELIEVE?』です。
19.JPG
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。
今まではジャケットの状態がイマイチでしたけど、これから先は状態が良くなります。

裏ジャケです。
20.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されております。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouse社です。
21.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
22.JPG
下部に"PATENTS APPLIED FOR"と"MADE IN GREAT BRITAIN"表記があります。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
23.JPG

24.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/T、SIDE2が1/GOになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。