So-net無料ブログ作成
60年代US盤レーベル ブログトップ

60年代US盤レーベル その3 [60年代US盤レーベル]

60年代ブリティッシュ・ビート絡みのUS盤レーベル特集最終回です。

LAULIEからはGERRY & PACEMAKERSのUSアルバムが出ています。
P5040202.JPG

あまりよく知らないレーベル、INTERPHONからはHONEYCOMBSのUSアルバムが出ています。
P5040225.JPG

かつらビートルズが所属していたのはHUGO & LUIGIのROULETTEでした。
P5040231.JPG

黒人音楽専門レーベルATLANTICも、60年代後半になると英国勢のレコードを出し始めます。
P5040237.JPG

IMMEDIATEのアメリカでの配給先はCBSでした。
P5040223.JPG

こちらは説明不要ですね。
P5040238.JPG

他にも英国勢絡みのUS盤レーベルがあったような気がしますが、とりあえずはこんなところでしょうか。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

60年代US盤レーベル その2 [60年代US盤レーベル]

60年代ブリティッシュ・ビート絡みのUS盤レーベル特集第2段です。

まずはELVIS PRESLEYでお馴染みのRCA VICTORです。
メジャーなレコード会社ですが、ブリティッシュ・ビート関連はあまり多くないです。
P5040226.JPG
イタリアに渡って活躍したROKESのUSアルバムはINTERNATIONALレーベルから出ていました。
P5040228.JPG
もっとマイナーなグループになると、廉価レーベルCAMDENからのリリースになります。
廉価レーベルになるとニッパー君はいなくなってしまいます。
P5040229.JPG
ここに挙げた3グループはみんなマイナーな人達ですね(笑)

次もメジャーなMGMです。
ここからはANIMALSやHERMAN'S HERMITSのUSアルバムが出ています。
P5040215.JPG
60年代後半のラベルです。
P5040216.JPG

こちらもメジャーなWANER BROTHERSです。
P5040239.JPG
KINKSのUSアルバムを発売していたREPRISEもWANER系です。
P5040219.JPG
60年代は3色のラベルでしたが、70年代以降は黄色になります。
P5040220.JPG

SPENCER DAVIS GROUPのUSアルバムが出ていたUNITED ARTISTSです。
P5040203.JPG
系列会社のASCOTからはPAUL JONES在籍時のMANFRED MANNのUSアルバムが出ていました。
P5040240.JPG

LIBERTYから出ていたブリティッシュ・ビート系のUS盤は少ないかもしれません。
P5040236.JPG
傘下のIMPERIALからはBILLY J. KRAMERのUSアルバムが出ていました。
P5040204.JPG
IMPERIALはラベルのデザインがコロコロ変わります。
P5040205.JPG
60年代中期以降のラベルです。
P5040206.JPG

最後はメジャー・レーベルのMERCURYです。
P5040210.JPG
SMASHもMERCURYの系列会社です。
P5040241.JPG
欧州系のレコード会社PHILIPSのアメリカでの配給先もMERCURYでした。
P5040242.JPG
PHILIPS系レーベルのFONTANAも同様です。
P5040221.JPG

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

60年代US盤レーベル その1 [60年代US盤レーベル]

今回はブリティッシュ・ビート絡みのUS盤を発売していたレーベルについて取り上げたいと思います。
EMI、DECCA、PHILIPS、PYEの4大レーベルが中心の英国とは違い、国土も市場規模も大きいアメリカには星の数ほどのレコード会社がありましたが、まずはメジャーどころからです。

説明不要の”RAINBOW CAPITOL”です。
P5040201.JPG
ご存知のようにBEATLESやPETER & GORDONのUS盤はCAPITOLから発売されていました。
CAPITOLについてはBEATLES関連のサイトの方が詳しいと思うので、これ以上触れません。

TOWERもCAPITOL系だったと思います。
P5040233.JPG

続いて、ブリティッシュ・ビート系ではお馴染みのLONDONレーベルです。
LONDONは英DECCAの系列会社なので、基本的に英DECCA所属アーティストのUS盤はここから発売されていました。

まずはモノラル盤です。
60年代中頃の”OPEN LONDON"です。
P5040211.JPG
60年代中期以降の”BOXED LONDON”です。
P5040213.JPG
英国からの輸入盤。
P5040212.JPG
ステレオ盤のBOXED LONDONです。
P5040214.JPG
英DECCAと同様、モノラル盤は赤、ステレオ盤は青色のラベルになっています。
LONDONはラベルのバリエーションが無数にあるので、私には理解不能です(苦笑)

PARROTもLONDON系のレーベルです。
P5040217.JPG
モノラル盤とステレオ盤のデザインに大きな違いはありません。
P5040218.JPG

PRESSもLONODNが配給先でした。
P5040235.JPG

紛らわしいですが、米DECCAは別系列の会社です。
P5040222.JPG
確か米MCA系列の会社だったと思います。

最後にCBS系のレーベルです。

BOB DYLANやBYRDSでお馴染みの米COLUMBIAです。
メジャーなレーベルではありますが、ここから発売されたブリティッシュ・ビート系のUS盤はあまり多くないように思います。
P5040230.JPG

P5040234.JPG
こちらも紛らわしいですが、EMI傘下の英COLUMBIAとは関係ありません。
というか、こちらが本家ですね。

そして、同じくCBS系のEPIC。
ここからは我らがDAVE CLARK FIVE、YARDBIRDS、次に取り上げる予定のDONOVANなどのUS盤が発売されていました。
ブリティッシュ・ビート関連ではLONDONと同じくらい馴染み深いレーベルだと思います。
P5040207.JPG
60年代は黄色のラベルです。
P5040208.JPG
70年代以降はオレンジ色のラベルになります。

DATEもCBS系だったと思います。
P5040232.JPG

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
60年代US盤レーベル ブログトップ