So-net無料ブログ作成

60年代UK盤レーベル EMI系編  [60年代UK盤レーベル]

今回は英国最大手のレコード会社であったEMI系列のレーベルです。

まずはEMI系を代表するレーベル、COLUMBIAです。
dc010301.JPG
これは63年前半まで使われていたラベルです。
モノラル盤はグリーン色ですが、ステレオ盤は水色になります。
私は持っていないですが・・・

63年中頃から69年前半までは黒地に青いロゴの通称”BLUE COLUMBIA”レーベルになります。
dc010302.JPG

69年中頃からは黒地にシルバー・ロゴに変更されます。
dc010303.JPG
EMIのロゴが下部にある”1EMI”レーベルです。

70年後半頃からはEMIのロゴが上下2箇所にある”2EMI”レーベルになります。
dc010304.JPG

また、COLUMBIAにはステレオ専門のレーベルSTUDIO 2もあります。
dc010305.JPG

続けて、BEATLESでもお馴染みのPARLOPHONEです。
dc010306.JPG
黒地に黄色いロゴの通称”YELLOW PARLOPHONE”です。

次はMANFRED MANNやSWINGING BLUE JEANSが所属していたHMVです。
dc010307.JPG
黒地に赤いロゴとニッパー君が印象的なラベルです。

UNITED ARTISTSも英国ではEMIが販売元でした。
dc010308.JPG
60年代後半はデザインが大きく変わります。
P5070207.JPG

ジャズやクラッシクなどで知られているWORLD RECORD CLUBもこの時期はEMI系列でした。
dc010309.JPG
このレーベルの位置付けがイマイチよく分かりません・・・

REGALはブリティッシュ・ビート系の場合、輸出仕様レーベルとなっていたようです。
dc010310.JPG
輸出仕様盤はこのSWINGING BLUE JEANSの他に、GERRY & PACEMAKERSやDC5、HOLLIES、CLIFF BENNETT、ANIMALS、HERMNAN'S HERMITSなどがあります。
これらは主に欧州諸国向けに輸出されていましたが、海外市場の嗜好を意識してかステレオ盤が多いです。
ただ、その中には擬似ステレオ盤(ANIMALSやHERMAN'S HERMITS)もあるので要注意です。
この輸出仕様盤には独自の選曲、独自のジャケが多いので、マニアの方も楽しめそうです。

同じREGALでもZONOPHONEになると実験的なレーベルになります。
P5050201.JPG
60年代末は赤、それ以前は青色のラベルだったようです。
dc010311.JPG
どちらかといえば、ブリティッシュ・ビート系とは縁が薄いレーベルかもしれません。

EMIのような大手のレコード会社は必ず廉価レーベルを傘下に持っていました。
MUSIC FOR PLEASUREもそのひとつです。
dc010312.JPG
60年代後半のラベルです。
dc010313.JPG
70年代のラベルです。
P5070206(修整1).JPG
上の2枚のような独自タイトルの他にジャケ違いの再発盤なども多数リリースされています。

REGAL STARLINEはステレオ専門の廉価レーベルです。
dc010314.JPG
70年代以降はロゴの位置が変わります。
P5050202.JPG

次回はEMIのライバル(?)であるDECCAのレーベルについてです!

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

JD

POPOSUKEさん、こんばんは。
ご挨拶どうもありがとうございました。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
この新しいブログもリンクさせてもらいました。

EMI系のレーベルはこんなにあるんですね。
STUDIO 2なんて、初めて見ました。
どんな音なのか聴いてみたいですね。
by JD (2012-01-04 01:01) 

poposuke

JDさん こんばんは

STUDIO 2は他にGEORGE MARTIN ORCHESTRAなんかがあったと思います。
当たり前かもしれませんが、ステレオ専門レーベルとあって収録曲は全てリアル・ステレオです(笑)
ただ、このレーベルはどちらかといえばポピュラー系よりもクラッシクなどが多いようです。

他にもEMI系レーベルが何かあったような気がしますけど、思い出せません・・・
60年代末以降のレーベルは私の守備範囲外ですけどね(笑)

こちらのブログも宜しくお願い致します!

by poposuke (2012-01-04 01:29) 

kaz

Cliff & Shadowsの育ての親でもあるNorrie Paramor楽団のオリジナル盤も何枚か集めましたので、60年代初頭のColumbiaのステレオ盤も所有しております。

HMVは坂本九の"Sukiyaki"のヨーロッパでの発売元でもありました。九ちゃんの東芝原盤のレコードにNipperロゴが付いているのは、何だか奇妙な気がします。

他にMGMレコードやTamla Motownが、長年の間イギリスではEMI傘下でしたね。Tamla Motownの初期のイギリス盤は、EMIのStatesideレーベルでしたね。
by kaz (2012-02-11 22:03) 

poposuke

kazさん こんばんは

COLUMBIAの水色ラベルもCLIFF RICHARDかSHADOWSで欲しいのですが、なかなか縁がありません。
でも、気長に探せばそれほど入手困難ではないと思います。
幸か不幸かCLIFF RICHARDやSHADOWSのオリジナル盤は不人気盤(?)みたいですからね。

>HMVは坂本九の"Sukiyaki"のヨーロッパでの発売元でもありました。

私も英HMVの「SUKIYAKI」を持っておりますよ♪

by poposuke (2012-02-11 23:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0