So-net無料ブログ作成

60年代UK盤レーベル DECCA系編  [60年代UK盤レーベル]

今回はDECCA系レーベルを取り上げます。

まずはメイン・レーベルであるDECCAからです。

DECCAのモノラル盤は赤い色のラベルになります。
dc010401.JPG
所謂、”OPEN DECCA”です。
ラベル面に深い溝があるのが特徴です。

しかし、68年中頃から深溝はなくなり、フラットなラベルになります。
dc010402.JPG

69年後半以降からDECCAのロゴが四角で囲まれた、所謂”BOXED DECCA”ラベルに変更になります。
dc010403.JPG
ラベル自体の大きさも、OPEN DECCAよりも一回り小さくなります。
DECCAの70年代のラベルは基本的にこのデザインになります。

基本的にDECCAのモノラル盤のラベルは赤色ですが、例外的にこんな色のラベルもあります。
dc010407.JPG
レコード番号がTXLからはじまる盤のラベルは水色になっています。

次はステレオ盤です。

DECCAのステレオ盤は青色のラベルになります。
dc010404.JPG

ステレオ盤もモノラル盤と同様、68年後半からは深溝がないラベルになっています。
dc010405.JPG

”BOXED DECCA”のステレオ盤です。
dc010406.JPG
70年代以降はこのラベルになります。

モノラル盤と同じように、レコード番号がTXSからはじまる盤はラベルの色が通常と異なっております。
dc010408.JPG
これは66年リリースの『BIG HITS』ですが、緑色のラベルになっています。
勿論、この色のBOXED DECCAラベルも存在します。
ただ、70年代中頃からは通常の色のラベルに変わってしまうようです。

続いては、その他のDECCA系レーベルです。

アメリカや日本向けの輸出仕様盤は”LONDON”レーベルになります。

これはROLLING STONES 『NOW !』のモノラル盤です。
dc010409.JPG

TOM JONESの2ndアルバムのステレオ盤です。
dc010410.JPG
日本向けの直輸入盤、所謂”メ直盤”です。

これも同じくメ直盤です。
dc010411.JPG
メ直盤はUKオリジナル盤と比べると値段が安く、とてもお買い得だと思います。

次はDECCA傘下の実験レーベル、DERAMです。
dc010412.JPG
ブリティッシュ・ビート関連ではAMEN CORNERやMOODY BLUES、ALAN BOWNなどが在籍していました。

また、DECCAにも他の大手レコード会社と同様、廉価レーベルが存在していました。

その代表的なレーベル、ACE OF CLUBSです。
dc010413.JPG
60年代中以降はこのデザインに変更されています。
dc010414.JPG

ついでですが、英国でのRCA VICTORの配給先はDECCAでした。
dc010501.JPG
米RCA同様、60年代末にはオレンジ色のラベルに変わります。
P5050206.JPG
ELVIS PRESLEYのUK盤はこのレーベルになります。
私は1枚も持っていないですけど(苦笑)


次回はPHILIPS系レーベルを取り上げます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

kaz

RCAビクターはドイツのDecca系会社Teldecの傘下でもありましたが、日本人から見たら何とも結びつきませんね・・・。何だかキングレコードからRCAビクターが発売されているようです。Decca/Teldec所属のCaterina Valenteの↑のレーベルのRCA盤を所有しております。

DeccaにはPhase 4 Stereoというレーベルもありましたね。ロック系のコレクターの方々にはなじみが無いと思われますが、MOR系には有名なレーベルです。
by kaz (2012-02-11 21:54) 

poposuke

Kazさん こんばんは

>DeccaにはPhase 4 Stereoというレーベルもありましたね。

恥ずかしながら全く知りませんでした(汗)
名前からしてステレオ専門レーベルのようですね。
60年代のブリティッシュ・ビート系で該当するレコードはないのでしょうか・・・

by poposuke (2012-02-11 23:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0