So-net無料ブログ作成
THE BEATLES ブログトップ
- | 次の10件

THE BEATLES "A COLLECTION OF BEATLES OLDIES" [THE BEATLES]

早めにBEATLESを終わらせたいので、今までよりも少しハイペースで更新します。

今回は『A COLLECTION OF BEATLES OLDIES』です。
dc020503.JPG
ジャケット表にはラミネート・コーティングが施されています。

裏ジャケです。
dc020504.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

ジャケットはGarrod & Lofthouse社製です。
dc020505.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc020506.JPG
下部に”PATENTS APPLIED FOR”と”MADE IN GREAT BRITAIN”の表記があります。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc020507.JPG

dc020508.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1G、SIDE2が-1Gです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が3/AA、SIDE2が4/RLになっています。
タックス・コードは”KT”刻印です。

続いて、UKオリジナルのステレオ盤です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE BEATLES "REVOLVER" [THE BEATLES]

まだまだ続くBEATLES、今回は『REVOLVER』です。

まずはUKオリジナルのモノラル盤からです。
dc020404.JPG
このモノラル盤は3代目です。
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
dc020405.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されております。

ジャケット製作はErnest J. Day社です。
dc020406.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc020407.JPG
下部に"PATENTS APPLIED FOR"と"MADE IN GREAT BRITAIN"表記があります。
この時期だとこれがオリジナルだと思います。

レーベルは勿論”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc020408.JPG
B面4曲目は「DR. DOBERT」表記になっています。
dc020409.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-2、SIDE2が-2です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が5/GPD、SIDE2が2/GAMになっています。
タックス・コードはKT刻印です。
これの1stプレス盤は高すぎて買えません・・・

続いて、UKオリジナルのステレオ盤です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE BEATLES "RUBBER SOUL" [THE BEATLES]

やっとBEATLESのアルバムも中盤戦に入りました。

今回は『RUBBER SOUL』です。

まずはUKオリジナルのモノラル盤、両面マトリックス1の通称”ラウド・カット”盤です。
dc013108.JPG
ジャケット表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
dc013103.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

私にとってはちょっとだけ珍しいErnest社製のジャケットです。
dc013104.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc013105.JPG
所謂、”EMITEX”です。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc013106.JPG

dc013107.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が7/GDA、SIDE2が2/TRになっています。
タックス・コードは”KT”刻印です。

続いて、モノラルの通常盤です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE BEATLES "HELP!" [THE BEATLES]

BEATLESの『HELP!』です。

これは3代目(苦笑)のUKオリジナル・モノラル盤です。
dc012901(修整1).JPG
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。
このアルバムのジャケは汚れやシワが目立ちますが、これはまずまず良い状態だと思います。

裏ジャケです。
dc012902(修整1).JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

ジャケット製作会社はGarrod & Lofthouseです。
dc012903.JPG

付属していたオリジナルのインナー・スリーブです。
dc012904.JPG
窓の部分が半透明になっている”EMITEX”です。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc012905.JPG

dc012906.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-2、SIDE2が-2です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が2/RGM、SIDE2が13(?)/RAAになっています。
タックス・コードは”MT”刻印です。

よく、このアルバムはB面6曲目の「YESTERDAY」の再生が難しいと言われていますが、この盤では問題なくキレイに再生することが出来ました。
以前、私が所有していた初代と2代目の盤では盛大に歪んでいましたけど(笑)


続いて、UK再発ステレオ盤です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE BEATLES "BEATLES FOR SALE" [THE BEATLES]

私にとってのはじめてのレコード、『BEATLES FOR SALE』です。

勿論、その当時購入したのは国内盤です。
それは今も大事に持っていますけど、ここでは登場しません。

まずはUKオリジナルのモノラル盤です。
dc012804.JPG

ジャケットは見開きになっています。
dc012806.JPG
レコードの取り出し口は内側にあります。
dc012807.JPG
ちなみに、私が最初に購入した国内盤のジャケットは見開きになっておりませんでした。
そのため、このアルバムが本来見開きジャケットだということを数年前まで知りませんでした(苦笑)
やはり、ジャケットはオリジナルに限りますね(笑)

裏ジャケです。
dc012808.JPG
表裏にはラミネート・コーティングが施されております。
ジャケット製作会社の表記はありません。

付属していたインナー・スリーブです。
dc012809.JPG
”EMITEX”ですが、窓の部分が半透明になっています。

レーベルは勿論、”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc012810.JPG

dc012811.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-3N,SIDE2が-3Nです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が3/ADM、SIDE2が23/ROMになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

一応、両面マト3の1stプレス盤ですが、盤面の状態はイマイチです。
説明ではEX表記だったのですが、これはどう見てもVGクラスですね・・・
それでもジャケの状態が悪くないのは救いです。
この手の見開きジャケは傷みやすいですからね。

続いて、普段の聴き用にしているUKモノラル盤です。

こちらのレーベルも”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc012813.JPG

dc012814.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-4N,SIDE2が-3Nです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が2/AA、SIDE2が23/AGAになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

こちらの盤面にも多少のスレ等はありますけど、ストレスを感じさせるようなノイズはほとんどありません。
上記の両面マト3盤はこれの買い替え用として購入したのですが、その必要は全く無かったみたいです(苦笑)

最後はUK再発ステレオ盤です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE BEATLES "A HARD DAY'S NIGHT" [THE BEATLES]

BEATLESの『A HARD DAY'S NIGHT』です。

まずはUKオリジナルのモノラル盤からです。
dc012601.JPG
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
dc012602.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

ジャケット製作はGarrod & Lofthouse社です。
dc012604.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc012603.JPG
所謂”EMITEX"です。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc012605.JPG
レコード番号”PMC 1230”の文字が大きい初期タイプのレーベルです。
dc012606.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-3N、SIDE2が-3Nです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が2/OA、SIDE2が5/OMになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

私が最初に購入したUKオリジナル盤はDAVE CLARK FIVEの『EVERYBODY KNOWS』でしたが、その次に購入したのがこのアルバムでした。
なので、このアルバムには非常に強い想い入れがあります。

ただ、この盤は2代目です。
最初に入手した盤は状態がイマイチだったので手放してしまいました・・・
BEATLESやROLLING STONES、DC5のUKオリジナル盤については、最初は手頃な価格で入手したものの、後から納得いかずに買い直すというパターンが多いですね。
特にBEATLESのUKオリジナル盤はほとんどのアルバムを買い直しています。
今になって考えると非常に無駄が多かったように思います。
最初からよく考えて買い物すべきですよね(苦笑)

続いて、ステレオ盤です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE BEATLES "WITH THE BEATLES" [THE BEATLES]

BEATLESの『WITH THE BEATLES』です。

まずはUKオリジナル・モノラル盤の1stプレス、通称”ラウド・カット”盤からです。
dc012301.JPG
ジャケット表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
dc012302.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

SIDE2の3曲目は「YOU REALLY GOTTA HOLD ON ME」表記です。
m_dc042406-2a084[1].jpg

ジャケット製作はGarrod & Lofthouse社です。
dc012304.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc012303.JPG
所謂、”EMITEX"です。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc012305.JPG
SIDE2の3曲目はジャケットと同様、「YOU REALLY GOTTA HOLD ON ME」表記で、7曲目のクレジットは”Jobete Mus.”表記になっています。
dc012306.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1N、SIDE2が-1Nです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が3/GRD、SIDE2が1/HLになっています。
タックス・コードはMKT刻印です。

この盤に限らず、同時期のEMI系の初期プレス盤はどれも非常に”ラウド”な音だと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE BEATLES "PLEASE PLEASE ME" [THE BEATLES]

私のレコード棚はBEATLESの『PLEASE PLEASE ME』からスタートしています。

まずはUKオリジナルのモノラル盤です。
dc012201.JPG
ジャケット表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
dc012202(修整1).JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

ジャケット製作はErnest J. Day社です。
dc012213.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
dc012211.JPG
所謂、”EMITEX”で、窓の部分が透明になっているタイプです。

レーベルは”YELLOW PARLOPHONE”です。
dc012214.JPG
何の変哲もない4thプレス盤です。
dc012215.JPG
マトリックスはSIDE1が-1N、SIDE2が-1Nです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が13/GMG、SIDE2が4/GOGになっています。
タックス・コードはMT刻印です。

続いてステレオ盤です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
- | 次の10件 THE BEATLES ブログトップ