So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
THE ROLLING STONES ブログトップ
前の10件 | -

THE ROLLING STONES "GET YER YA-YA'S OUT!" [THE ROLLING STONES]

個人的にROLLING STONESはBRIAN JONES在籍時しか興味ありませんが、このライヴ・アルバムには想い入れがあります。
P3110001.JPG
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
P3110002.JPG

ジャケット製作会社はClout & Baker社です。
P3110003.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P3110004.JPG
青のステレオ専用インナー・スリーブです。

レーベルは青のBOXED DECCAです。
P3110005.JPG

P3110006.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1W、SIDE2が-3Wです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/IU、SIDE2が1/CCになっています。
タックス・コードはJT刻印です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

THE ANDREW OLDHAM ORCHESTRA AND CHORUS "16 HIP HITS" [THE ROLLING STONES]

ANDREW OLDHAMプロデュースによる企画アルバム(?)ですが、貴重な音源が含まれているので聴く価値があります。
P1030001.JPG
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
P1030002.JPG
裏に折り返しのないタイプです。

ジャケット製作会社はRobert Stace社です。
P1030003.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P1030004.JPG

レーベルはDECCA系のACE OF CLUBSです。
P1030005.JPG
モノラル盤です。
P1030006.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1K、SIDE2が-1Kです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/Cで、SIDE2が1/Cになっています。
タックス・コードは”KT”刻印です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

THE ROLLING STONES "BETWEEN THE BUTTONS" その3 [THE ROLLING STONES]

予定を変更して、ガール・ポップ物はひと休みします。

先日、今まで縁がなかった『BETWEEN THE BUTTONS』のUKオリジナル・モノラル盤をようやく入手しました。
PC300001.JPG
ジャケットの表にはラミネート・コーティングが施されております。

裏ジャケです。
PC300002.JPG
裏に折り返しのないタイプです。

ジャケット製作会社はJames Upton社です。
PC300003.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
PC300004.JPG
この時期ですと、このタイプがオリジナルのインナー・スリーブだと思います。

レーベルは赤のOPEN DECCAです。
PC300005.JPG
レーベル面には深溝があります。
PC300006.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-4A、SIDE2が-4Aです。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/Cで、SIDE2が1/KKになっています。
タックス・コードは”KT”刻印です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

THE ROLLING STONES "THROUGH THE PAST,DARKLY (BIG HITS VOL.2)" その2 [THE ROLLING STONES]

ROLLING STONESのアルバムはこれが最後です。

『THROUGH THE PAST,DARKLY』のUS盤です。
P6300007.JPG

八角形のA式ジャケットは見開きになっています。
P6300008.JPG

裏ジャケです。
P6300009.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P6300010.JPG

レーベルは青のBOXED LONDONです。
P6300011.JPG

P6300012.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1で、”Bell Sound”の刻印があります。

続きを読む


THE ROLLING STONES "THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST" その2 [THE ROLLING STONES]

このアルバムはUK盤と同じ内容ですが、大好きなアルバムなのでUS盤も紹介します。

これはUSオリジナルのステレオ盤です。
P6300001.JPG
もちろんUS盤もUK盤と同様に3Dジャケです。

ジャケットは見開きになっています。
P6300002.JPG

裏ジャケです。
P6300003.JPG

付属しているインナー・スリーブは紅白のサイケ・インナーです。
P6300004.JPG
英国製と違って、米国製は作りが無骨です(苦笑)

レーベルは青のBOXED LONDONです。
P6300005.JPG

P6300006.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1R、SIDE2が-1Sです。
Bell Soundの刻印もあります。
このステレオ盤は音圧が高く、なかなかの迫力があります。
ただ、このアルバムの場合、個人的には繊細な感じのUKステレオ盤の方が好みかもしれません。

あと、USオリジナルのモノラル盤が欲しいのですが、これは最大の難関です。
場合によってはラウド・カットのUKモノラル盤よりも入手が難しいかもしれません。
よく、ボロボロの状態の物は市場で見かけるのですが、どうせなら良い状態で欲しいです。
入手できるのは、いつのことになるやら・・・

続きを読む


THE ROLLING STONES "FLOWERS" [THE ROLLING STONES]

ROLLING STONESのUS盤の中では結構好きなアルバムです。
P6090010.JPG
これはかなり強引な寄せ集めの編集盤なんですけどね。
でも、CHRIS FARLOWEに提供された「RIDE ON BABY」、TWICE AS MUCHに提供された「SITTING ON A FENCE」が聴けるだけでも素晴らしいです。
提供された側の方がもっと素晴らしいという説もありますけど(笑)
あと、ちょっとキビシイ内容の「MY GIRL」のカバーも結構好きです。

裏ジャケです。
P6090011.JPG
ラミネート・コーティングなしのA式ジャケットです。
写真で光って見えるのはシュリンクです。

付属していたインナー・スリーブです。
P6090012.JPG
米LONDONの広告インナー・スリーブです。

レーベルは赤(モノラル)の”BOXED LONDON"です。
P6090013.JPG

P6090014.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1B、SIDE2が-1Aです。

続きを読む


THE ROLLING STONES "BETWEEN THE BUTTONS" その2 [THE ROLLING STONES]

このアルバムはUK盤を聴く機会が多いです。
でも、US盤の選曲も嫌いではありません。

これはUSオリジナルのモノラル盤です。
P6090006.JPG
ラミネート・コーティング無しのA式ジャケットです。

裏ジャケです。
P6090007.JPG

インナー・スリーブはオリジナルの物ではないので省略です。

レーベルは赤のBOXED LONDONです。
P6090008.JPG

P6090009.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1C、SIDE2が-1Cになっています。

続きを読む


THE ROLLING STONES "GOT LIVE IF YOU WANT!" [THE ROLLING STONES]

私の大好きなライヴ・アルバムです。
数ある60年代のライヴ・アルバムの中でも最強の部類に入る一枚です。
いかがわしさも含めてですが(笑)

これはUSオリジナルのモノラル盤です。
P6090001.JPG
ラミネート・コーティング無しのA式ジャケットです。

裏ジャケです。
P6090002.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P6090003.JPG

レーベルは赤のBOXED LONDONです。
P6090004.JPG

P6090005.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1M、SIDE2が-1Lになっています。

続きを読む


THE ROLLING STONES "AFTERMATH" その2 [THE ROLLING STONES]

今回は『AFTERMATH』のUS盤です。

まずはモノラル盤からです。
P5120012.JPG
A式のジャケットにはラミネート・コーティングが施されておりません。
ジャケット・デザインはUK盤よりもUS盤の方が良いと思います。

裏ジャケです。
P5120013.JPG
UK盤と比べると何となくチープな感じがします。
そっちの方がUS盤らしいですけど(苦笑)

付属していたLONDONの広告インナー・スリーブです。
P5120014.JPG
前作『DECEMBER'S CHILDREN』が載っています。
時期的にこれがオリジナルだと思います。

レーベルは赤のBOXED LONDONです。
P5120015.JPG

P5120016.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1K、SIDE2が-1Kです。

このUSオリジナル・モノラル盤の音はUK盤よりも骨太で迫力があります。
個人的には断然こちらの方が好みの音です。

続いてステレオ盤です。

続きを読む


THE ROLLING STONES "BIG HITS (HIGH TIDE AND GREEN GRASS)" その2 [THE ROLLING STONES]

ROLLING STONESのベスト・アルバム、『BIG HITS (HIGH TIDE AND GREEN GRASS)』のUS盤です。
 
まずはUSオリジナルのモノラル盤からです。
P5120001.JPG
通常はジャケットの左下にある”MONO”表記が左上にあります。
UK盤とはジャケットのデザインが異なっていますが、リリースされたのはこちらの方が先です。

こちらにも豪華ブックレットは付属しております。
P5120002.JPG

裏ジャケです。
P5120003.JPG
裏ジャケもUK盤とは全く異なるデザインですが、悪くないデザインだと思います。
もちろんジャケットはラミネート・コーティング無しのA式です。

付属していたインナー・スリーブです。
P5120004.JPG
オリジナルの広告インナー・スリーブです。

レーベルは赤のBOXED LONDONです。
P5120006.JPG

P5120005.JPG
マトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。

このモノラル盤は実にUS盤らしい骨太な音です。
でも、個人的にはシャープな感じのUKモノラル盤の方が好みかな?

続いて、USオリジナルのステレオ盤です。

続きを読む


前の10件 | - THE ROLLING STONES ブログトップ