So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

THE KOPPYKATS "THE BEATLES BEST BY THE KOPPYKATS" [MERSEY BEAT]

THE KOPPYKATSはIAN & THE ZODIACSの変名バンドです。

本作はBEATLESカヴァーの企画アルバムですが、企画盤では珍しい2枚組です。
P5130001.JPG
ジャケットにはラミネート・コーティングが施されています。

見開きジャケットです。
P5130002.JPG
内側にラミネート・コーティングは施されておりません。

裏ジャケです。
P5130003.JPG
ジャケット製作会社の表記はありません。

付属していたインナー・スリーブです。
P5130004.JPG
下部に"PLASTIC BAGS CAN BE DANGEROUS"の表記があります。

レーベルはFONTANA SPECIALです。
P5130005.JPG
ステレオ盤です。
P5130006.JPG
1枚目のマトリックスはSIDE1が1、SIDE2が1です。
P5130007.JPG

P5130008.JPG
2枚目のマトリックスはSIDE1が1、SIDE2が1です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

IAN AND THE ZODIACS "GEAR AGAIN -12 HITS" [MERSEY BEAT]

ドイツで3枚、アメリカで1枚のアルバムを残したIAN & THE ZODIACSですが、本国では当時のヒット曲をカバーした企画アルバムしか残せませんでした。
P5120001.JPG
このジャケットにラミネート・コーティングは施されておりませんが、ラミネート・コーティング有りのジャケットも存在するようです。

裏ジャケです。
P5120002.JPG
裏に折り返しはありません。
ジャケット製作会社の表記もありません。

付属していたインナー・スリーブです。
P5120003.JPG
下部に"PLASTIC BAGS CAN BE DANGEROUS"の表記があります。

WINGはPHILIPS系の廉価レーベルです。
P5120004.JPG
モノラル盤です。
P5120005.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が1、SIDE2が1です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

IAN & THE ZODIACS "IAN & THE ZODIACS" [MERSEY BEAT]

リヴァプール出身のビート・グループ、IAN & THE ZODIACS唯一のUSアルバムです。

彼らは独STAR-CLUBレーベルから3枚のアルバムをリリースしていますが、このUSアルバムは1作目の『STAR-CLUB SHOW 7』とほぼ同じ内容です。
P5060002.JPG
ジャケットはラミネート・コーティング無しのA式です。

裏ジャケです。
P5060003.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P5060004.JPG
米PHILIPSの広告インナー・スリーブです。

米PHILIPSレーベルです。
P5060005.JPG
モノラル盤です。
P5060006.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1がM1、SIDE2がM1です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ALMA COGAN "ALMA" [GIRL POP]

1966年に34歳の若さで亡くなったALMA COGANの最終作『ALMA』です。
本作は彼女が亡くなった翌年の67年にリリースされました。

ALMA COGANはかなり長い芸歴の女性シンガーです。
英国の社交界の花形でもあった彼女はBEATLESとの交流がありました。
遺作でもある本作にも、BEATLESカバーが4曲収録されています。
P5050009.JPG
ジャケット表にはラミネート・コーティングが施されています。

裏ジャケです。
P5050010.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

ジャケット製作会社はGARROD & LOFTHOUSE社です。
P5050011.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P5050012.JPG

レーベルは”BLUE COLUMBIA”です。
P5050013.JPG
モノラル盤です。
P5050014.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/G、SIDE2が1/Gになっています。
タックス・コードはKT刻印です

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

BRIAN BENNETT "CHANGE OF DIRECTION" [CLIFF RICHARD & SHADOWS]

THE SHADOWSのドラマーであるBIRAIN BENNETTのソロ・アルバムです。

このアルバムはわりと高値で売られていることが多いです。
人気があるのでしょうか?
P5040001.JPG
ジャケット表にはラミネート・コーティングが施されています。

裏ジャケです。
P5040002.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

ジャケット製作会社はGARROD & LOFTHOUSE社です。
P5040003.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P5040004.JPG
黒のEMI広告インナー・スリーブです。

レーベルは”BLUE COLUMBIA”です。
P5040005.JPG
モノラル盤です。
P5040006.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/G、SIDE2が1/Gになっています。
タックス・コードはKT刻印です

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

THE SHADOWS "FROM HANK, BRUCE, BRIAN AND JOHN" [CLIFF RICHARD & SHADOWS]

THE SHADOWSの1967年リリースのアルバムです。
このアルバムは何作目になるのでしょうか・・・
P5030001.JPG
ジャケットには”THE SHADOWS"表記のシールが貼られています。
また、ラミネート・コーティングは表裏両面に施されています。

裏ジャケです。
P5030002.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

ジャケット製作会社はGARROD & LOFTHOUSE社です。
P5030003.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P5030004.JPG
EMIの広告インナー・スリーブです。

レーベルは”BLUE COLUMBIA”です。
P5030005.JPG
モノラル盤です。
P5030006.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/P、SIDE2が1/Rになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

THE SHADOWS "SHADOW MUSIC" [CLIFF RICHARD & SHADOWS]

THE SHADOWSの1966年リリースのアルバム、『SHADOW MUSIC』です。
P4290001.JPG
ジャケット表にはラミネート・コーティングが施されています。

裏ジャケです。
P4290002.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

ジャケット製作会社はGARROD & LOFTHOUSE社です。
P4290003.JPG

付属していたインナー・スリーブは”EMITEX"です。
P4290004.JPG
窓の部分が半透明になっています。

レーベルは”BLUE COLUMBIA”です。
P4290005.JPG
モノラル盤です。
P4290006.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-2G、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/O、SIDE2が1/Aになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

THE SHADOWS "THE SOUND OF THE SHADOWS" [CLIFF RICHARD & SHADOWS]

課題だったTHE SHADOWSのアルバムを数枚買い足しました。

SHADOWSがブリティッシュ・ビートの後輩グループに与えた影響は本当に大きいと思います。
P4280001.JPG
ジャケット表にはラミネート・コーティングが施されています。

裏ジャケです。
P4280002.JPG
取り出し口を除く三辺が折り返されています。

ジャケット製作会社はGARROD & LOFTHOUSE社です。
P4280003.JPG

付属していたインナー・スリーブは”EMITEX"です。
P4280004.JPG
窓の部分が半透明になっています。

レーベルは”BLUE COLUMBIA”です。
P4280005.JPG
モノラル盤です。
P4280006.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
マザー/スタンパー番号はSIDE1が1/R、SIDE2が1/Gになっています。
タックス・コードはKT刻印です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

LONG JOHN BALDRY "WAIT FOR ME" [LONG JOHN BALDRY]

予定を変更して、LONG JOHN BALDRYの4作目です。

完全なMOR路線の前作よりも、彼本来の持ち味が(少しだけですけど)発揮されていると思います。
P4220001.JPG
ジャケットにはエンボス加工が施されています。
この時期のPYEのジャケットにはラミネート・コーティングを施した物が少なくなります。
ラミネート・コーティング抜きだとジャケットが傷みやすくなるので、あまり好ましくはないんですけどね。

裏ジャケです。
P4220002.JPG
裏に折り返しはありません。

ジャケット製作会社はGARROD & LOFTHOUSE社です。
P4220003.JPG

付属していたインナー・スリーブはオリジナルの物ではありませんでした。

レーベルはPYEの水色ラベルです。
P4220004.JPG
ステレオ盤です。
P4220005.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が-1、SIDE2が-1です。
タックス・コードはKT刻印です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

THE WHO "LIVE AT LEEDS" [THE WHO]

個人的に『TOMMY』以降のTHE WHOにはあまり興味がありませんが、それでも『WHO’S NEXT』や『LIVE AT LEEDS』は学生時代によく聴いていました。

その『LIVE AT LEEDS』は長年国内盤で聴いていましたが、最近になって安いUK盤をようやく入手しました。
P4150004.JPG
よくある赤スタンプの通常ジャケットです。

ジャケットは見開きになっています。
P4150002.JPG
本来のジャケットがこのような形状になっていると知ったのは、わりと最近になってからです(苦笑)

ジャケット製作会社はMacNeill Press Ltd.です。
P4150008.JPG

裏ジャケです。
P4150003.JPG
勿論、ラミネート・コーティングは両面共に施されておりません。

付属のインサートは全て揃っています。
IMG_20180331_0001.jpg
インサートはポスターを含めて12種類です。
このようなインサートがあったことも最近まで知りませんでした・・・
IMG_20180331_0002.jpg

IMG_20180331_0003.jpg

IMG_20180331_0004.jpg

IMG_20180331_0005.jpg

IMG_20180331_0006.jpg

IMG_20180331_0007.jpg

IMG_20180331_0008.jpg

IMG_20180331_0009.jpg

IMG_20180331_0010.jpg

IMG_20180331_0011.jpg

P4150009.JPG

付属していたインナー・スリーブです。
P4150005.JPG
POLYDOR系のインナー・スリーブです。

レーベルです。
P4150006.JPG

P4150007.JPG
この盤のマトリックスはSIDE1が3、SIDE2が4です。
少し後にプレスされた盤です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽